ブログ

ブログ

ペットと室内で安心に暮らすためには・・・
2020.2.20|ブログ

こんにちは、愛犬家住宅コーディネーターの森尾です。

 

最近ではペット(特に犬)を室内で飼う方が増えてきましたね。嬉しい事です。しかし

 

室内の住環境は私達人間目線でつくられ、人間にとっては快適でもペットには暮らしにくい

 

事もあります。 猫は案外柔軟に対応しますが、犬はね~・・・・

 

犬がフローリングの上で、急いで走ったりし・・・すってんコロリンと・・・転ぶ様子・・・

 

そのしぐさを観て「何か カワイイ」 だなんて感じている飼い主さん・・・

 

どうして笑えるのですか? 犬は必至で自分の体を守ろうとしているのです。

 

怪我に気づかないで放置していると悪化し、完治しにくい障害につながる危険性もあります。

 

* 犬の関節のケガには以下のようなものがあります *

 

①膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)・・・ひざのお皿の骨で脱臼が続くと膝のじんたいに

 

ダメージを与える。突然はうようになったら疑いがある。なりやすい犬種(チワワ・トイプードル

 

ヨークシャテリヤ・パピヨン・ポメラニアン・マルチーズ・キャバリヤなど)

 

②椎間板ヘルニヤ(ツイカンバンヘルニヤ)・・・何らかの原因で椎間板が飛び出し背骨の中にある

 

神経を圧迫する。突然後ろ足が動かなくなる脊髄神経の病気で下半身がマヒする。マヒが起きると

 

歩行が困難になり、排せつのコントロールができない。胴長短足の犬種に多い(ミニチュワダックス

 

ウエルシュコーギーペングローク・ビーグルなど)

 

③股関節形成不全(コカンセツケイセイフゼン)・・・太ももの骨と骨盤をつなげる股関節の形に異常がでる。

 

腰が左右にゆれて歩く。うさぎのように飛び跳ねる仕草。後ろ足を伸ばして座る。運動を嫌う。

 

(ラブラドールレトリ―バー・ゴールデンレトリーバー・ジャーマンシェパードなど)

 

このような病気から愛犬たちを守ってあげる為に、辛いおもいをさせない為に

 

飼い主がしっかりと病気の予防を考えてあげることが大切だと私は考えます。

 

では、床の滑り止めのよく使われる絨毯やマット。これも衛生的に保つには難しいところがあります。

 

抜け毛などの掃除も大変。ダニや殺菌も生まれやすいので気軽に洗濯でき、防ダニ加工の物がおススメ

 

ペット用マットみたいな物。その他ペット用のクッションフロアーを敷くとか(これは我社も工事で使用したり

 

します。もう少し言いますと、建材メーカーの大建工業様から出ている、ペット専用フローリング

 

(ワンラブフロアーⅢ 12㎜)や、上から貼るだけ(ワンパークフロアースリムⅡ 4㎜)は普通の

 

フローリングの仕上がりでペットにも優しい床材です。こちらも我社でも新築やリフォームの時に

 

おすすめし、施工いたしております。

 

その他に、現在の床に特殊な液体(ガラスコーティング)を塗って滑り止めするものがあります。

 

実は今回、このガラスコーティングを私の自宅の床材に実際に塗って体験してみることにしました。

 

*ホントはワンパークフロアースリムⅡを貼りたいのですが、まず実験!実験!

 

 

 

 

写真は玄関ホール。 お客様が来られると愛犬ドルが飛び出して行きますので 重要な場所!

 

 

 

 

 

 

今回は、玄関ホールとリビングとキッチンを塗ります。幅木際にマスキングテープを貼り

掃除機でホコリを吸い取ります。シミなども水拭きしておきます。

 

 

 

 

 

 

後ろで愛犬ドル君が「何すんの~?」と興味深々です。

 

 

 

 

 

 

家政婦のミタ!   イヤ    ドルでした 隠れてるつもりなの?

 

 

 

 

 

 

新品のように ピカッと 輝いているのがわかりますか?  見た目もすごく高級感が出ていい感じです。

 

しかし・・・液体をしっかり伸ばしていく為、けっこうな力作業です。 オトンは頑張る!ドルの為に!

 

 

 

 

 

           

↑before                           ↑after フラッシュが反射します

 

 

 

 

 

after後の感想!       フロアーの目地の間にも液が入っています。仕上がりも

 

ワックスよりもいい感じで強そうな感じ。ここに オシッコされても木に染み込まないで

 

綺麗にサットふき取れる感じです。

 

冬場に施工し、乾燥させる時間もふくめ、一日でできあがる事も 工期短縮・コスト控え目で

 

簡単な愛犬想いのリフォーム手段としてお客様にもおススメできそうです。

 

 

今回はペットの為の床リフォームのご案内でした。 又その他のお悩みも是非とも

 

ワンニャンリフォーム森尾工務店にご相談くださいませ。

 

 

*滑りの違いの動画は後日インスタでご紹介しようとおもいます。そちらも是非是非。

 

 

 

愛犬家コーディネーター・森尾 崇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年 ワンニャンリフォーム新たな出発
2020.1.9|ブログ

明けましておめでとうございます。

 

 

今年もワンニャンリフォーム森尾工務店をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2018年にワンニャンリフォームを作り、まだまだ周知せれていませんので

 

 

今年は「ドップリ」ワンニャンに浸かる気持ちで頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

*年男ですし・・・運気も上昇気流なようですし  ニコニコ  やるっきゃない!

 

 

 

 

 

私の中で「テーマ」があります。ドラマ同期の桜でいう「私には夢があります」的な 笑

 

 

毎年、何か新しい事を一つでもチャレンジしたいという想いが・・・ そんな中

 

 

昨年6月に「衝撃的な建築資材」と巡り合うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけは・・・「ペットリフォームを更に充実させる為に何か吸収しにいかなあかん!」

 

 

そんな気持ちで参加した勉強会・・・デモンストレーションを観て感動物でした。こ・れ・や!

 

 

 

 

 (これは塗り壁材のサンプルです)

 

 

 

その後、この商品を製造されているメーカー様と数回お会いし、塗り壁材の研修等を受け

 

 

奈良県では現在唯一の「取扱店契約」をかわさせて頂く事ができました。

 

 

 

よって、令和2年よりは

 

 

 

「圧倒的な消臭機能のある100%天然素材の塗り壁材を販売施工できる工務店」

 

とし営業をいたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

若い元気な社長様直々にご説明を、お受けいたしました。

 

 

 

 

 

私も身を乗り出して真剣なまなざしです。  だって!

 

 

「100%自然素材」そして圧倒的な「超高機能内装塗り壁材」なんですから。

 

 

従来の珪藻土よりもさらにすごい!!

 

 

 

 

 

 

 

{ アトピー、ぜんそく、化学物質過敏症、ペット臭、ペットアレルギー、介護臭

結露、湿気、生活臭、タバコの臭いなど}

 

 

 

 

*住まいのさまざまな生活問題を解決し健康な暮らしを見守り続けてくれる*

 

 

 

 

最高のパートーナーと出会いました。

 

 

是非、皆様にも自身を持ってご提案させていただきたいです。

 

 

ご興味をお持ちいただいた方、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

(深呼吸テラスで記念写真)

 

 

 

 

* ワンニャンリフォーム・森尾工務店 *

代表 森尾 崇 (ニックネーム ドルパパ)

 

 

 

 

 

わんわんマルシェに行きました
2019.10.6|ブログ

10月に入り、愛犬と一緒にお出かけするには絶好の季節となりましたね!

 

先日 ドル君も「わんわんマルシェ」 へ行ってきました。

 

 

 

 

行先は 神戸。 奈良からだと高速道路などで約90分~120分。神戸ポートアイランド内市民広場が会場です。

 

 

 

 

レッドカーペットの上で記念撮影!   10時からの開催なのに すでに会場はすごい人とワンコ達!!

 

 

 

 

こんにちは! と いろんなワンコ達とごあいさつ。「みんなバギーに乗って楽ちんそうだな~」ドルの声

 

 

 

             

 

みんな可愛くオシャレしてもらってます。  ワンコ用の帽子までありました。

 

 

             

 

シュナウザー達の オフ会のような集まりにも遭遇しました。 楽しそう。

 

ドル君と同じ、リードをつけた お友達にも出会うことができました。親近感 倍増!

 

このフリーマーケットでは、手作りの物がたくさん販売されていて、ドル君のお母さんもテンションMAX!!

 

 

 

             

 

洋服の試着もできちゃうんです!!         手作り雑貨も豊富です。

 

 

 

 

僕もバギーに初挑戦しました。

 

Piccolo Cane さん(日本で初めて人間の赤ちゃん向けのベビーカーを、犬用に改良して販売した会社)

 

の社長さんが、即売会に来てて 大特価だった為、ドル君にも一台購入いたしました。

 

犬は自分の匂いがするスペースがあるとゆったり 落ち着いていることができます。

 

一緒にショッピングや、冬の寒いお出かけにも活躍できそうだし 良いお買い物ができました。

 

バギーに乗った ドル君の様子も 後日 ブログでご紹介させていただきます。

 

ちなみに・・・次回の「わんわんマルシェ」開催は・・・

 

 

 

 

 

10月19日(土)、10月20日(日)は滋賀県 三井アウトレットパークで開催です。

 

11月30日(土)、12月1日(日)は 神戸ポートアイランドで開催です。

 

その他、11月2日~4日の3日間、大阪府 インテックス大阪で「ペット博」と言うイベントも

 

開催されます。     ドル君も遊びに行く予定です。

 

奈良でもこんなイベントやってほしいな~やりたいな~

 

 

この過ごしやすい季節に、愛犬たちといっぱい楽しい所にお出かけし想いでもいっぱい作っちゃいましょう!!

 

 

 

 

保護犬ふれあいイベントへ
2019.9.24|ブログ

9月連休二日目    「今日も休みでしょ?」「一緒にお出かけ連れてってください!!」

 

朝から 愛犬ドル君のアピールが パンパないです。

 

毎年9月20日~26日の間は「動物愛護週間」です。

 

全国各地で動物のイベントが行われます。

 

我達の住む奈良県でも色々行われる中 今回は「#うだ・アニマルパークさん」にお邪魔しました。

 

 

 

 

愛犬ドル君は 車酔いが無く ドライブが大好きです。   「あの丘の上が楽しい所ですね?」

 

 

 

 

こんな看板が出迎えてくれます。

 

早速、お目当てのブースを見つけました。  周りには ワンコ連れの人達が沢山いて・・・

 

初対面でも 楽しく話がはずみます。 犬の存在ってホント 凄いと感じさせてくれます。

 

 

 

 

#Dog’ Smileさん協力の 保護犬たちとの ふれあいブースです。

 

今年の春ごろ 大和高田市で月 1回開催のイベントへ参加したのが Dog’ Smileとの出会いでした。

 

 

 

 

今日はチャリティー協力をさせて頂き  愛犬ドルの缶バッチを作ってもらいました。

 

可愛い保護犬たちは 沢山の人で すこし疲れちゃったことでしょう。

 

でも、優しい 新しい家族が見つかる事を願うばかりです。

 

 

 

 

 

↓ふれあい会の様子はこんな感じ・・とても和やか

 

 

 

 

 

 

次は保護猫のブースをみました。 とても清潔な部屋で過ごしていました。

 

 

 

 

 

「さあ!次は僕の時間だあ~」 と言わんばかりに 元気よくドルは歩いてくれます。

 

 

 

「あの丘の上には   何があるんだろう?」

 

 

 

 

「公園って 楽しいね!!!」  そんな言葉が聞こえてくるような 表情が たまらなく 可愛いね

 

頂上からは なが~い滑り台で遊ぶ 小さい子供さん達でいっぱいです。 私達も子育ての頃を

 

想いだしながら ドルに引っ張られ 坂を下りていきます。

 

 

 

 

ちょっとした お出かけでしたが 3人でソフトクリームも食べ 楽しい場所でした。お勧めです。

 

 

↓「来週も どこか 楽しいとこ 連れて行ってね!」 そんな可愛い顔をする愛犬にデレデレな夫婦であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫展 Cat-Art-Exhibition に行ってきました。
2019.9.23|ブログ/ 未分類

9月の連休(二回目)初日、奈良市で開催している「猫展」に行ってきました。

 

 

 

 

場所  奈良県奈良市高天町45-5

工げい舎様    アトリエ

HP    http://kougeisha.co.jp

2019年9月20日(金)~24日(火)12:00-18:00開催

(このイベント後も各種開催予定があるようです。愛猫家様には是非立ち寄ってほしい)

 

陶磁器、金工、写真など芸術作家さんの手作りアート作品がズラリと展示されています。

 

お気に入りが見つかれば販売もしていただけます。

 

愛犬家の私も、今日は猫グッズを求めての訪問です。

 

やすらぎの道より東へ路地を入ると、空気感は・・・昭和 明治を漂よわす町並みが続き・・・

 

 

 

 

 

ギャラリーはその長屋の一室。 とても味がある。

 

 

 

 

約10人ほどの芸術家さんの作品が綺麗に展示されてしました。

 

 

             

 

土間はコンクリートブロックを横に敷き詰められ、「こういう使い方も有りやな?」と

 

建築屋さんの目線でも楽しませてくれます。

 

ギャラリーに入ってすぐ、陶器でできたユニークな猫が目に飛び込んできました。

 

 

 

ブサカワの猫! 笑笑!  作られた方からお話を伺うと・・・この猫シリーズは・・・

 

「幸せを舞い込む」というコンセプトで生まれたようです。  ん~妙に気になる・・面影が・・・

 

奥へ進むと

 

 

             

 

こちらは違う芸術さんの作品。コーヒーカップやオチョコ、楊枝たてにもユニークな仕掛けが

 

ん~コレクションとして集めたくなる。猫の表情や体の動き、形などよく観察されています。

 

さすが 愛猫家様。

 

楽しいお話を聞きながらの小一時間。ゆったりと、穏やかなひと時でした。

 

 

あっ、そうそう私のお買い物ですが・・・結局・・・最初に見た・・・あのブサ猫を

 

連れて帰ることにしました。(笑)

 

「横笛を吹く」=「幸せを吹き込んでくれる」  そんな想いが気にいりました。

 

その幸せ、周りの皆様にもお裾分けできたらいいな~そんな想いも含め購入いたしました。

 

 

 

 

 

 

[愛犬家住宅コーディネーター・森尾 崇]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さんが僕のために・・・

(今回はドルの声として書いてみます。どうぞお付き合いください。)

 

 

 

夏休みのある日、お家に僕とお父さんの二人っきりになった

 

 

何やら、お父さん道具を準備しだした・・・・「暑いこんな日によくやるよ!」

 

 

あっ!「そう言えば、お母さんが僕の体の事を気にして、お父さんになんか変な物を作ってあげてって

 

 

言ってたな」? 「なんやろ」?・・・「滑り台やったかな」? 「 僕はあんまり興味ないけど・・・」

 

 

「まぁ ちょっと様子みとこか~」     てことで工作がスタートだ。

 

 

 

 

 

「僕がリビングから外に出る窓には、ウッドデッキがあってさ~芝生までの段差が約40㎝

 

 

僕は元気で、若いからここをジャンプして降りている (笑) その様子をみてお母さんが

 

 

危ないから、滑り台をって! 僕は子供やないんやからな」(怒)

 

 

 

 

           

 

「あれ~なんや もうできてるやんか~ これが滑り台か~」  「え? スロープ? なんか・・・

 

 

美味そうな名前やな~」   「完成した後、スロープ降りらんと、ジャンプ!!したらお父さん・・・

 

 

汗かいとったな~ おもろ~

 

 

 

「こんな感じでスロープは使うらしいわ~   なるほど足に ドーンて、ならへんわ~

 

 

なんでこんなに上手に歩けたかって?   それは・・・」

 

 

 

 

「ジャーキーでつられちゃった 笑・笑・笑   みんな一緒でしょ?」

 

 

 

          

 

「お父さん 嬉しそうに笑ってたな~ これが僕なりの 親父孝行ってやつかな」?

 

 

「僕のスロープ工作のお話でした。 ありがとうございます。    {ドル}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャットウォークを造らせていただきました
2019.8.9|ブログ

今年の5月に、奈良県橿原市八木駅前にある「保護猫譲渡カフェ・和風桶猫喫茶」さんへ伺いました。

 

猫ちゃんの動き、動線などの観察に。 とても人当りの良い店長様に、猫の特徴や猫リフォームをしたあとの

 

失敗談などをリヤルにお聞ききすることができました。

 

そして後日店長様より、「キャットウォーク」造ってほしいというお客様をご紹介いただきました。

 

それが今回お仕事をさせて頂いた橿原市のT様との出会いでした。

 

T様家には、先住猫ゆず君と保護猫で迎えたむぎちゃんの2匹がいます。

 

 

1回目→はじめましてのご挨拶。ご希望のキャットウォークへの思いをヒヤリング

 

2回目→キャットウォークの仕上がりを何点かご提案

 

3回目→方向性・デザインが決定!お見積り

 

4回目→変更内容等、最終確認をし・・・・・工事へと移っていきます。

 

 

キャットウォークの実際の位置をマークし、イメージを出していきます

 

昨年に新築されたピカピカのお家。 リビング部が吹き抜けとなっていて、この部分の壁3面に

 

キャットウォークを造ります。 「テーマは?」 高い場所をぐるっと一周でき、吹き抜け上部の窓から

 

外の景色を眺めたり、日光浴したりすることです。       いざスタート!

 

 

 

 

イメージ通りにキャットウォークを取り付けていきます。

 

 

 

 

一番長いウォークは全長3.3メートル。猫ちゃんとて家族の一員。安心・安全な強度を確保し丁寧に取り付けします

 

 

 

 

二階へ登る階段よりアクセスできるように設置完了。違い棚ウォークで好奇心旺盛な猫の「ハート」を キャッチ!

 

 

 

 

リビングの床からも登っていけるようウォーク棚を設置。歳をとっても登れるようにジャンプの高さを25センチ

 

に設定しました。優し目です。

 

 

 

 

しかし・・・あんな高い所に登って怖くないのですかね? 作業をした我々は少し怖かったです(笑)

 

 

 

          

 

こちらが、二階から撮影させていただきました今回のキャットウォ―クの全貌です。

 

あの窓から外を眺める猫ちゃんたちの様子を、観るオーナー様の御気分がイメージできちゃいました(幸せ~)

 

今回、恥ずかしがり屋の猫ちゃんとは触れ合うことができませんでしたが、このキャットウォ―クでのんびり

 

楽しく暮らしている様子を観てみたいものです。

 

*楽しいお仕事をさせていただきT様本当にありがとうございました。*

 

お写真、楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御所市ワンニャンリフォームまもなく大詰めです
2019.7.14|ブログ

奈良県御所市で行っている一軒丸ごとリフォーム工事(リノベーション工事)もいよいよ大詰めになって

 

まいりました。大工工事も下地作業より造作作業や化粧物の取り付け作業が多くなってきます。

 

二か月も経過すると昔の様子が記憶から薄れてきますが、深い思い出のある物を再利用して使い続けたい。

 

そんなお客様の気持ちを大切にしたいそんな思いで・・・形にしてみます。

 

 

 

以前のキッチン前に備え付けられていた「カウンター」。少々傷も有りますが、家族の思いでが詰まった「カウンター」

 

これを、読書好きなお母様の部屋のテーブルに変身させちゃいます。

 

 

 

     →     

必要なサイズにカットし、二枚の板を段差、隙間なく一枚の板にくっ付けます。 意外と難しい作業。

 

約60センチ幅のカウンターに変身。 これを取り付けます。

 

 

 

高さを70センチにセットし読書スペースが出来上がりました。お母様も感激してくれるはず! あともう少し

 

手を加えます。 右側スペースに本棚を設置予定です。 私もこんな自分だけのスペースが欲しい~。

 

 

 

続いて、ようやく古い階段を取り外します。周りが綺麗に仕上がってきている為、慎重に行います。

 

 

 

新しい階段を、周り階段の部分より取り付けていきます。

 

 

 

             

お客様のご要望で、蹴込み板は黒色のものを使用。私も初めてですが壁紙も仕上がるとモノトーン調の空間に

 

なるのでしょうね? 二階への移動も楽しくなりそうです。

 

そのころ、嶋ちゃんはリビングでワイド本棚とデスクをフリー板で造作してくれております。

 

 

試行錯誤しながら慎重な作業を黙々と行っております。

 

 

まだ途中経過ですが、カウンターも取り付けられリビングの顔となる部分が出来上がってきました。

 

手間暇はかかりますが、完全注文住宅であるからできる仕上がりと楽しみがいっぱい詰まったオリジナルなお家

 

もう少しで完成です。

 

最後に残るは、今回の工事のメインルーム「キャットルーム」の造作工事です。私達もすごく楽しみです。

 

T様引っ越しまでもう少しお待ちくださいませ。

 

 

 

愛犬家住宅コーディネーターに認定されました。
2019.6.30|ブログ

トイプードル(レッド・男の子・去勢済・4歳)と暮らす代表の森尾です。

 

4年半前に彼と出会い、一緒に暮らし始め犬を人生のパートナーと、大切な家族の一員と日に日に

 

感じることとなる。日本では、一昔前犬は外で飼う感じだったのが、現在では大型犬でも室内飼育を

 

される家庭が増えてきました。その中で、人と犬との生活のしやすさのギャップを埋める事が大切だと感じ

 

「犬や猫と暮らす方達へのお手伝いが、私の稼業で何かできないだろうか?」と思い・・・

 

*ワンニャンリフォーム森尾工務店*が生まれました。 そしてホームページを作成し頑張っている中で、

 

一般社団法人 愛犬家住宅協会様の存在を知り、愛犬家住宅コーディネ―タ―になる為の勉強をしました。

 

1~100まで完璧に覚えれたわけではないですが、「自身が愛犬家」という想いから、なんとか試験に合格し

 

「愛犬家住宅コーディネ―タ―」に認定して頂きました。    ヤッター!

 

 

 

 

益々、犬や猫の事も勉強しお役に立てるよう頑張りたいです。

 

簡単に、愛犬家住宅ガイドブックを参照にご説明いたしますと・・・

 

 

 

 

リビングには、急な来客にも対応可能な、ゲート付の愛犬のスペースの確保。デットスペースの有効利用等

 

 

 

 

犬にとって危険の多いキッチンスペースには、ワンコ侵入防止柵を設置したり・・・

 

 

 

 

お部屋内でも、リードフックの取り付けをお勧めしたり(洗面所や洗い場にあると便利だと思う)・・・

 

 

 

 

お散歩から帰ったら、お部屋に入るまでのスペースに犬専用シャワールームを計画したり・・・人も犬も幸せ

 

 

 

 

床材には犬の足、腰に優しい物をお勧めし施工してあげたい・・・

 

 

 

 

小型犬用の洗面・シャンプースペースを作ってあげたり・・・

 

 

 

 

室内と外への動線をなるべくバリヤフリーにしてあげ、愛犬のヘルニヤ、脱臼を防いであげたい・・・

 

まだまだ沢山ありますが、各ご家庭のお悩みを少しでも解消し「犬と一緒に安心・安全・快適」な暮らし

 

ができるように、犬の特性を理解し住まいづくりのアドバイスやご提案をさせていただきたいです。

 

 

 

↑ 愛犬のドル君(トイプー) 鼻の横にクリームを付けた、ケーキ大好き君です。  よろしくね!

 

 

 

 

 

あわただしい週間を乗り越えて

ようやく梅雨入りが発表されましたね! 蒸し暑い気候は現場作業においても過酷な状況であります。

 

御所市でのリノベーション工事を行う中、別案件の工事も頑張って行っております。

 

 

 

 

こちらは奈良県吉野郡のI様邸。古くなった屋根材を撤去し下地材から施工をしました。 標高が600m~700m

 

の山の奥である為比較的爽やかな陽気で、作業が進みました。

 

 

 

 

構造用合板12㎜を張り下地が完成。その後ルーフィングを張り雨対策まで完了。次は板金屋さんが新しい屋根材を

 

施工していきます。

 

 

続いては、仲間の工務店さんがお寺、本堂の新築棟上げをする為、応援に奈良県奈良市に行きました。

 

この日は梅雨の真っ最中で、蒸し暑い日になりました。雨も降ったりやんだりで少し作業に影響が

 

でましたが、ことわざで「雨が吹き込む」とは、建築の祝い事において、「福が家に吹き込む」とあるので

 

終始、安全に幸せに作業が進行できました。

 

 

 

 

↑高い所に登り、梁や桁材をカケヤで叩き収める、嶋岡君。かなりの活躍でした。

 

 

 

 

↑社寺建築ならではの、反り屋根(壁から糸を垂らしたような勾配から、糸垂れ勾配とも呼びます。)

 

この後、屋根の野地まで行い応援作業を終了しました。    さあ~御所市の現場へ戻るぞ~

 

 

 

御所市T様。現場を留守にし申し訳ございませんでした。さあ頑張っていきましょう↑↑↑やはり町は蒸し暑い。

 

天井に新しい石膏ボードを張って行きました。クロス仕上げの下地材となります。千鳥張で施工です。

 

 

 

       

 

居室の天井高さはH,2400以上を確保しております。

 

 

 

 

お嬢様と猫ちゃんとのお部屋(別名キャットランド)の天井は、屋根の形のような勾配天井に大変身します。

 

古い梁をあえて露出させ、塗装で仕上げます。もちろんワンニャンリフォーム=キャットランドなので、

 

猫ちゃんたちが歩ける「キャットウォーク」にも生まれ変わります。ん~早くこの部屋の工事がしたい!!

 

お客様・設計士様と打ち合わせした事が少しづつ形になってきました。

 

 

 

 ←床暖房器具の仕込み状況。

 

続いては、床の作業に移ります。

 

私、愛犬家住宅コーディネーターの観点から・・・犬は寒さには強く暑さに弱い。猫は寒さに弱く、暑さにも

 

弱い。よって冬場の対策として、床暖房器具の施工は猫ちゃんにとって最高な環境ではないでしょうか?

 

 

 

 

↑約1㎜のシートを張り並べていきます。 *床板の割り付けをする事が重要となります。

 

 

 

         

 

釘を打ち間違えないように施工することに神経を使います。幅145㎜の板の為ゴールがなかなか見えてきません。

 

 

 

 

↑苦節2~3日ようやくリビングの床が張り終わりました。 建材のフロアーですが、木の模様や節の様子が

 

本物の木に近い感じがして良い雰囲気です。各部屋も同様に張って行きすぐさま養生をした為、写真は

 

この部屋のみです。お客様に引き渡すまで大切に養生で守りたいそんな想いでお仕事をさせて頂いております。

 

今後の仕上がりにもご期待くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 前のページへ